読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れのんのん

日常の事とか思った事をつらつらと

【映画】アイアムアヒーローを見てきたので感想、レビュー

レビュー 映画

f:id:le9240:20160430001836j:plain

先日アイアムアヒーローを見てきた、原作は見たことないです。

前提知識として知っていたのはゾンビもの、そして有村架純は天使って事くらいだ。

ちなみに僕はゾンビものが大好きなので、評価にはゾンビ補正が掛かってるかもしれんがそこはご了承願いたい。

簡単に感想を説明すると、「邦画で王道ゾンビものしました。」って感じだ。

こないだ見た「のぞきめ」がヒドすぎたのかもしれんが、素直に面白かったです。

 

アイアムアヒーローのストーリー

軽くストーリー紹介。

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。
そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

公式サイトより引用。

www.iamahero-movie.com


「アイアムアヒーロー」予告

 

感想!

役者陣が良かったです

実写化ではキャストってかなり大事だと僕は思うんですが、違和感なく見れたので良かったと思います。

大泉洋はやっぱ演技が上手かったですね、役柄にも合ってて配役良かった。

まぁ俳優とか演技の事とかあんまわからないんですけどね、素人が見て良かったと思える役者陣でした。

 

グロいと話題だったがどうか?

個人的にはゾンビものを見慣れているので全然気にならなかったが、普段グロものを見ない人はちょっと驚くかもしれない。

一応R15指定だしね、邦画にしてはたくさん血が出るし頭は簡単に吹っ飛ぶ。

でもグロくないゾンビものなんて面白くないし、SAWとかに比べれば全然マシなのでR15指定で良かったと思う。

下手にグロを抑えると面白さ半減だし、海外でなんちゃら賞も取れてなかったんじゃないかな。

ちょっとでもグロものが苦手って人は見に行かない方が良いぜ。

 

映像良かったね

CGとか特殊メイクとか勿論使ってると思うんだけど、「明らかCGやん」みたいなシーンもなく映像は迫力がありました。

酷いと話題のテラフォー◯マーズとか見てないんだけど、予告ちらっと見た感じゴキブリのCGがゴキブリレベルだったからね。

頭凹んでるZQNとかいたんだけど、ああいうのどうなってんだろうね本当に謎だ。

 

ホラーとしても怖かった

序盤から結構「うおっ!」ってなるシーンがチラホラあります。

特に怖かったのは主人公の彼女がZQNになるシーン

四つん這いになりエクソシストみたいな動きで主人公に襲いかかるんですが、なかなかに迫力満点で夜中に1人で見てたら若干チビるかもしれない。

そこからは徐々にZQNが街に広まりパニックになるんですが、そのパニックになるまでの過程がリアルに描かれていて怖かった。

主人公どうなるんだー!!ってそこからの展開はハラハラ・ドキドキです。

それとZQNがなかなか不気味でした、生前の行動をしてたりするんですが、サラリーマンのゾンビが「いつもお世話になってますぅう」とかゾンビの姿で言ってるんですよ逆に怖い。

 

王道ゾンビもののような展開

基本的な流れとしてはよくあるゾンビものっぽい展開でしたね。

主人公逃げる→途中で女と会って一緒に逃げる→生存者の集まり見つける→天国かと思いきや悪い奴が牛耳ってるから逃げる、みたいな。

やっぱ王道が良いんです、変にオリジナリティ入れなくて正解。

あと、洋画の主人公みたいに所々笑いを入れてくるのも良かった。

そこは大泉洋のコミカルさというか、トーク力が相まって面白かったし飽きる事なく楽しめたポイントの一つと思う。

 

ただのひでおがヒーローになる

主人公は英雄と書いて"ひでお"という名前なんですが、名前負けしちゃってる感満載のダメな奴なんです。

35歳になって漫画家アシスタント、簡単に言えばフリーター

同棲している彼女はいるものの、いつまでも夢を諦めきれない主人公に愛想を尽かして会話もろくにない状態。

妄想ではすげぇ事言ってるんですが、実際は職場の端っこでブツブツ独り言を言ってるような奴です。

そんな彼が物語終盤、意を決し勇気を振り絞り行動するシーンはかっこよい!

パニック状態の世でショットガンを持っているというラッキー感にもかかわらず、「銃刀法違反ですから」とか言って銃を撃てずにヒヨってるダメな奴が、ショットガンを持ったヒーローになる姿は必見です。

 

総評

ゾンビ補正と「のぞきめ」観賞後ってのもあるかもしれんが、面白かった。

ここ最近の実写化映画の中では、成功と言ってよい出来かと思う。

原作ファンからすると不満な点もあるのかもしれんが、限られた時間の中でうまくまとめていたかなぁと思う。

映画の終わり方も、変に無理やり終わらせようとしていなかったので良かったです。

原作が終わってないのに、変に物語にオリジナル要素加えて終わらせるとか借りぐらしのナシエッティだからね。

もしかすると続編もあるかも?って感じの終わり方、個人的には好きな終わり方でした。

良くなかった点を全然あげてないんだけど、あんまり思いつかないんだよね。

ちょこちょこ不明な点はあったけど、気にならないレベルだったし。

ゾンビ好きな方グロ好きな方には良いんじゃないかと思います。

あ、あと有村架純長澤まさみが好きな人ね。

ってことで今回は、100点満点中78点

 

ばいなら~☆

広告を非表示にする