読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れのんのん

日常の事とか思った事をつらつらと

汚いしか言われない方言「播州弁」

f:id:le9240:20160515121325j:plain

今週のお題「方言」

 

こんばんは、今日もお疲れのんです。

 

さて、今日はお題に沿って僕の地元の方言「播州弁」についてベラベラと。

 

僕は、兵庫県の中でも播州地方という地域に住んでるらしく(あんま詳しく知らないw)

普段使ってる方言は播州弁と言います。

関西弁の中でも最もあつかましく、「日本一押しが強い方言」とも言われているみたい。

 

汚い

ところがこの播州弁、世間からの評価がひどい。

Googleさんからもお墨付きでひどい。

まず、播州弁と入力、スペースと・・・。

 

f:id:le9240:20160229235041p:plain

1つ目の予測候補が「汚い」です(笑)

う◯こでも予測候補で汚いは出てこないぞ、凄いな播州弁

2つ目の方言は分かるんですが、喧嘩ってなんなんでしょう喧嘩って。

これも汚いゆえにそう聞こえるんでしょうか・・・。

 

実際に使う言葉とその意味

20代男性の僕が日頃聞く、もしくは使う播州弁を紹介してみたいと思います。

 

・あっかいやー

駄目って事ですね、「そんなもんあっかいやー」(そんなんアカンやろ)みたいな使い方が多いです。

 

・えぐい

これって播州弁なんですかね?女子高生が使う言葉だと思ってた(笑)

えげつない的な意味ですね、ヤバイと同意味で使ってる時もある。

でも最近は使わないかなぁ。

 

・ごーわく

腹立つという意味です。

「あいつほんまごーわくわ!!」みたいな会話はよく聞きます。

でも、おっちゃん世代の人が使っているのは聞きますが、最近の人はあんまり使ってないような気もしますね。

 

・なんどいやー

「何だよ」「何やねん」的な意味合いです。

これ使う時はだいたい喧嘩一歩手前の時か、煽ってる時ですね(笑)

何か不満な事を言われた時に、「なんどいや?」って使い方が主。

「お前なんどその態度?」の「なんど」ってのも「なんどいや」の意味。

 

・めげる

壊れるという意味。

「お前頭めげとんちゃうんけーwww」みたいな感じです。

 

 ・べっちょない

「問題ない」「モーマンタイ」的な意味です。

これは一言だけで使える播州弁なので、使いやすいですね。

 

・ごっつい

「めっちゃ」、「とても」みたいな意味です。

「めっさ」や「ごっさ」も同じ意味の播州弁だけど、僕は「ばり」ってのが一番使う。

「ばり多い!」とか「ばり女好きやん」とか。

特に強調する時は、「ばぁ~~~~~りヤバイな!!」みたいに「ばり」を伸ばす(笑)

 

他にも幾つかありますが、多いので割愛。

 

以上を踏まえた日常会話例

われ頭めげとんちゃうけ!んなもんあっかいや!!

⇛お前頭おかしいやろ、そんなんアカンやろ。

 

う~わ、タカシ君の鼻毛ごっつエグいな!!

⇛う~わ、タカシ君の鼻毛すごいグロいな!!

ここでの"エグい"の意味は、ニュアンス的にとってもらって良し(笑)

 

 「ごっつごーわくわぁ、あいつなんどいやホンマ

⇛めっちゃ腹立つわぁ、あいつ何やねんほんま

 

誤解されたエピソード

疑問系で言葉を投げかける時、「~け?」と普通に聞くんですが、それが他県の人から聞くと「キレてるかと思った」と言われました。

まぁでも、煽る時とか喧嘩の時によく使うしね。。。

「あぁお前やるんけ!?」「毛抜けるんけ?」みたいな感じ。

「毛抜けるんけ?」なんて言葉にすると「けーぬけるんけ?」だもんな他の県の人からすると意味分からないんだろうな。

 

最後に

クセが強い方言なだけあって、関東の人が会話してるのを聞くと「怖い」とか「喧嘩してるのかと思った」とかよく聞きます(笑)

播州弁でナンパすると、相手が圧倒されて折れてくれるかもしれないね。

そういえば、こないだも駅にいたタクシーの運転手さんが、急に飛び出してきた車がいたようでタクシー降りてキレてましたね。

 

なにしょんどわれぇえええッ!!!って。

 

今思えばこんな事は割と日常茶飯事なので、そりゃ汚いと思われても仕方ないな(・∀・)

でもこっちの人が聞く標準語って、逆に違和感半端無いんですよね。

「~だと思ったんだよ」なんて実際に聞くと、「ドラマやんw」って思っちゃう。

何かウソ臭く聞こえちゃうんですよね、標準語って。

 

でも汚いと言ってきた播州弁ですが、播州弁を使う人にも優しい人はいます(笑)

言葉は確かに汚いかもしれませんが、キレてる訳じゃないので冷静に理解して対処してもらいたい。

でも方言ってイイもんですね、言葉を聞いただけで地元に帰ってきた感じあるもんね。

広告を非表示にする